男性ホルモンと薄毛の関係

男性には男性ホルモン、女性には女性ホルモンが分泌されますが、お互い異性のホルモンが全く作られないわけではありません。

特に女性は更年期=女性ホルモンの減少が始まります。

女性ホルモンの一つであるエストロゲンという物質は髪の毛を作り出し、毛髪の成長を持続させるという役割を持っています。

そのエストロゲン自体が減っていくわけですから、髪も細く元気が無くなってしまいます。

ところがその反面、口ひげが濃くなったり手足の体毛が長くなったりする現象が起きることがあります。

これは男性ホルモンの作用によるものです。

男性に薄毛が多いのも男性ホルモンによるもののようですが、男性ホルモンのテストステロンという物質が、思春期から青年期に最も多く分泌される男性ホルモンに含有されていることにより、男性らしい体の形成に作用をもたらしている半面、テストステロンには、頭髪に影響を及ぼす別の働きもあります。

これが、頭皮の毛穴の奥にある毛乳頭や皮脂腺と結び付くとジヒドロテストステロンという成分に変化し、健康な髪の毛根にも影響し薄毛の原因を作るようです。

増やしたい頭髪、減らしたい(脱毛したい)体毛、どちらも東京の中心地、銀座あたりでクリニックを探してみることです。